ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

衣笠高角砲台Part1

記事が遅くなってすみません。
大変遅ればせながらですが、皆様今年もよろしくお願いします。

さて、先月探索した衣笠高角砲台(防空砲台)の遺構について紹介します。

yakumoさんにご案内いただき遺構のある山を目指す。
このあたりから
まず麓の畑にある遺構を見る。
畑
コンクリート構造物が見える。
コンクリート構造物
畑で作業中の方に許可をとり近くで写真を撮らせてもらった。この遺構は兵舎跡の基礎、風呂場と便所の遺構のようだ。
遺構に接近
桶のような四角い遺構がある。
便所?
風呂かな?
山頂部の遺構を目指して山道を進軍開始。
道
だいぶ上まで登ってきた。下に見えるのは横横道路である。横須賀PAも見えた。
横横道路
この辺りは道がいくつか分岐しているのでわかりづらい。
分岐
ここへ突入開始。このあたりはまだ一応、道として歩ける。だが時期によっては蜘蛛の巣だらけで進むのに苦労するらしい。yakumoさんが前回来たときがそうであったらしい。
入ります
視界がひらけた場所からの景色。標高が高いことがわかる。
景色
進んでいくと道の右側に壕口が登場した。
壕口
内部に入る。入ると、素掘りの空間とコンクリート構造が見えてくる。内部はT字状。壕の用途は発電施設だろうか。
見えてくるコンクリート構造
内部より入口を見る。
入口を見る
壁と天井がすべてではないがコンクリートで覆われている。
壕内空間
左右の壁にはコンクリートで覆われていない窪みが存在する。何のためか?
左右に窪みが存在
窪み。
窪み
壕から出てさらに濃い藪へと入って行く。コンクリートの基礎部分を見つける。聴音所の遺構か?
基礎部分
用途がわからないが遺構は残っている。
用途不明
壁!
壁!
かなり大きなものである。真ん中から内側に入れる。
デカイ
表面の下は煉瓦である。
煉瓦を含んでいるのね
小窓?がある。
小窓?
これも。写真:yakumoさん撮影。
ここにも

次回に続きます。
スポンサーサイト
  1. 2011/02/11(金) 02:16:50|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<衣笠高角砲台Part2 | ホーム | 蘇える砲座>>

コメント

先日はご苦労様でした。
この山は藪で方位を見失いがちになるので、コンパスとGPSのありがたみが身にしみました。
ひと通り確認出来て良かったですね?
  1. 2011/02/15(火) 23:54:47 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re:

ありがとうございました。充実した一日でした。
確かに。樹海ではないが猛烈な藪ですしコンパス必須ですね!
あれだけ遺構が残存してるのは貴重ですね。
  1. 2011/02/17(木) 00:14:33 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

ごぶさたです

仙蔵遺跡は畑とか林とか全く目立たないところにポツンとあることが多いですよね。

それにしてもいい雰囲気ですね
  1. 2011/02/17(木) 17:31:49 |
  2. URL |
  3. みょん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>みょんさん

畑にコンクリート構造物の存在、面白いです。
山頂にもまだまだいい雰囲気を持った遺構が残存しているの紹介していきたいと思います!



  1. 2011/02/17(木) 23:54:27 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

仙蔵遺跡って・・・誤字です

山頂の遺構、楽しみにしてます!
  1. 2011/02/18(金) 00:49:02 |
  2. URL |
  3. みょん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/99-56aee933
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。