ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茂原市 掩体壕part2

続いて見つけたのは「6号掩体壕」だ。
※掩体壕の番号は茂原市教育委員会による残存掩体壕の遺構番号であり、当時のものではない。
6号掩体壕
正面から見る。上部は草に覆われてるから偽装が施されているみたいな感じだ。往時の状態に近いかも。
正面から見る
後部。
後部
内部から外を見る。
内部から
ここにも筵や割ぐり石が見られる。
内装
「6号掩体壕」の規模 4.9×19.9×11.0 中型機用か。
続いて「9号掩体壕」 個人宅の敷地内なのだが、出会った所有者の方に周辺の掩体壕について話を聞くことができ、さらに快く掩体壕内部まで見せていただくことができた。ありがとうございました。
覆っていた土砂は取り除いたとのこと。
9号掩体壕 側面
前面を見る。茂原市の掩体壕の中で唯一開口部が「翼型」でなく「トンネル型」である。
トンネル型
後部。
後部
内部へ。室内?は暖かい。木工所として使用されているようだ。有効活用ですね。
内部
内部(2)
内装にはぐり石や木材が見られる。
ぐり石
木材
「9号掩体壕」の規模 4.2×21.0×10.3 零戦用であろう。
続いて「3号掩体壕」を見つけることができた。この掩体壕は茂原市によって保護されている。
3号掩体壕
3号掩体壕(2)
内部を見る。鉄鋼も露出している。
内部
説明板。
説明板
「3号掩体壕」の規模 6.1×29.3×14.4 艦爆や艦攻等の中型機用だろうか。
続いて「10号掩体壕」 残念ながら近くで見れなかった。規模は6.6×30.5×13.8でこれも中型機用と思われる。
10号掩体壕
今回見ることができた掩体壕は以上である。
当時掩体壕の建設中に掩体壕が潰れ11名の兵士が下敷きになり死亡するという悲惨な事故も起きたらしい。
茂原市は一番多く掩体壕が残存している市町村である。

以上 参考・引用「もばら風土記 掩体壕が語る 茂原の歴史」

スポンサーサイト
  1. 2010/06/13(日) 23:26:49|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<ペリーアイランド | ホーム | 茂原市 掩体壕part1>>

コメント

No title

こちらhttp://www.mobara.ne.jp/katoshin/picture/kaigun3large.jpgの数字と、紹介している掩体壕が一致しているようなので、(もし違ったらごめんなさい)訂正しますと、5号と紹介しているのは6号ですね。
5号は大型乃至中型用掩体壕です。
  1. 2010/06/14(月) 00:15:43 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

御教授ありがとうございます。
確かに5号ではなく6号でした。訂正させていただきます。
  1. 2010/06/14(月) 16:20:05 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

No title

すごいですね!
掩体壕は野島しか見たことがないので羨ましいです。
  1. 2010/06/14(月) 20:52:31 |
  2. URL |
  3. バンデラ #-
  4. [ 編集 ]

横須賀航空隊(現日産敷地内)にも同様の小型掩体壕があったようですが現存していないのが残念です。
まあ野島のは最大の掩体壕でまさに「壕」そのものですね。
夏島のも特殊ですね。

そのうち一緒に掩体壕見に行きましょう。
  1. 2010/06/14(月) 21:08:47 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

行きますか?

デジアートにも書きましたが、今週末多分雨ですが、一人で千葉に行くつもりでした。
一人なので、何処というのは決めて無いので、行くなら茂原でもかまいませんよ?
①以外の掩体は大体分るので何とかなるでしょう。

  1. 2010/06/14(月) 22:47:49 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re:行きますか?

今のところ土日どちらかに予定が入ってしまいそうです。
都合が合いましたらぜひともよろしくお願いします。
  1. 2010/06/14(月) 23:36:28 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/64-94d85b7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。