ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

茂原市 掩体壕part1

ここで紹介する掩体壕とは飛行機を敵の攻撃(砲爆撃等)から護るために造られたコンクリート製構造物(格納庫)である。(有蓋掩体)
「掩体壕」とは正式名称ではなく「掩体」と「掩壕」の総称として「掩体壕」という呼称が広まったらしい。
海軍では「飛行機用掩体」という用語が使われているらしい。
日本本土の飛行場に掩体壕が造られるようになったのは1943年(昭和18年)以降のこと。これは戦局の悪化により本土への空襲が避けられなくなり、耐弾性に優れた掩体壕が多数必要になったことによる。
44年にはマリアナ諸島が米軍に陥落し本土への空襲が激化、45年3月には作戦部隊の新編成に伴い、本土の飛行場の整備とその防備強化が同年5月完了を目途として全国的に展開された。
滑走路の延長や舗装、掩体壕と運搬路の増設、諸施設の地下化をさらに進め「本土決戦」に備えて臨戦態勢を整えようとした。しかしその頃には、あらゆる物資が窮乏し、建築機械もなく技術者もわずかしかいなかった。そのため、各方面から動員された人々により、最低限の資材で、簡易な工法による掩体壕が多数速成された。

掩体壕の工法一例
①アーチ型になるように土を半饅頭型に盛り固める。土には砂利を混ぜたものを使用。
②土饅頭型ができたら、天井部分に木材で張り、さらに側面にはセメント袋や筵を張り固める。
③ ②の上に鉄鋼をまんべんなく張る。
④ ③が完成したら、コンクリートを流し込み、アーチ状に塗り固める。
⑤コンクリートがよく中まで浸透し乾燥した段階で中の土砂をかき出す。

千葉県の茂原市には多くの掩体壕が残されている。残存しているもの全てではないが見ることができた。
長尾地下壕探索後、掩体壕を探した。
聞き込みをしてJR新茂原駅周辺を歩いて探すも見つからず、車で移動。そして最初に見つけたのが「2号掩体壕」だ。
背面を見る
側面。
側面を見る
前面。
この掩体壕は零戦用と考えられる。往時は土砂で覆われ偽装が施されていた。
前面を見る
内部を見ることができた。
内側は筵と割ぐり石で仕上げられている。
内装
内部
内装(2)
「2号掩体壕」の規模 4.9×20.5×16.6

次回に続きます。
5号掩体壕


参考・引用「もばら風土記 掩体壕が語る 茂原の歴史」






スポンサーサイト
  1. 2010/06/12(土) 23:58:40|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<茂原市 掩体壕part2 | ホーム | いろんな写真>>

コメント

No title

こちらhttp://www.mobara.ne.jp/katoshin/picture/kaigun3large.jpgに掩体壕の地図が載っていますが、多少の間違いがあるようです。

①の掩体は無くなっていますが、(か)の掩体は現存しています。また、③と⑧に中間付近には記載されていない掩体があり、計11個確認しています。
  1. 2010/06/13(日) 19:03:05 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

No title

元記事はhttp://www.mobara.ne.jp/katoshin/html_pages/entaigou2.htmlです。
  1. 2010/06/13(日) 19:04:40 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

kan様
情報ありがとうございます。残念ながら破壊により消滅したものも多いようですね・・
11基のうち見つけることができたのは2・3・5・9・10号です。
4号は藪に埋もれているようですね?
いずれまた探してみたいです。
  1. 2010/06/13(日) 21:21:22 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

No title

(か)、④、⑧は個人の庭にあり見つけにくいですし、⑦は完全に林の中です。
  1. 2010/06/13(日) 21:47:53 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

Re: No title

ある意味「偽装」されてますね・・
  1. 2010/06/13(日) 21:52:38 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/63-bbf1cb06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。