ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

比与宇地下壕付属監視壕

比与宇地下壕のある山の山腹にトーチカ状の監視壕がある。
下から見ると赤く丸をしたところにある。草木の生い茂る状態によっては全く見えない。
赤丸部分
藪をかき分けて進むと監視壕に到着。入口は塞がれているため残念ながら内部には入れない。
監視壕

やっと辿り着いたのに内部に入れなくて残念だったのを思い出します。
以来ここには行っていない。また行きたいものだ。
スポンサーサイト
  1. 2010/04/05(月) 22:13:34|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<浦賀狙撃用洞窟陣地 | ホーム | 走水水源地>>

コメント

この辺は・・・

この監視壕の上には塹壕の跡がくっきりと残ってますね。
さらに登ると、海軍立ち入り禁止区域コンクリート壁.が立ち並び
良く探せば、2,30m位の壕が2つありますね!
非常に良い状態で周辺遺構が残っていると思います。
  1. 2010/04/06(火) 23:25:55 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re: この辺は・・・

監視壕から上の遺構は見たことがないです。
塹壕、コンクリート壁、その他の壕・・見てみたいです。
もっと探索しておけばよかった~
  1. 2010/04/07(水) 00:02:42 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

No title

地下壕付属監視壕とされていますが、地下壕の付属なんでしょうか?
私は防空監視所だと思っています。
比与宇地下壕は軍需部に所属していると思いますが、軍需部が監視壕を置く意義は何でしょうか?
  1. 2010/04/11(日) 20:34:54 |
  2. URL |
  3. kan #mOQberp2
  4. [ 編集 ]

Re:

船越地下工場のある山の上にも同じような遺構があるので地下壕付属のものと考えました。推測の域を出ません。

比与宇地下壕とはまったく別物で防空関連の遺構であり、周囲には塹壕や壕などが存在しているようですし、それらと併せて防空監視所として使われていたのではないかとも確かに思えますね。
参考になります。ありがとうございます。

  1. 2010/04/11(日) 22:41:35 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

No title

比与宇も船越も地理的に監視壕が作られただけで、地下壕との関連はないと思っています。
こちらも推測の域を出ませんが。
  1. 2010/04/11(日) 23:48:16 |
  2. URL |
  3. kan #mOQberp2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/30-172b7091
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。