ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月、観音崎にてPart2(砲側弾薬庫・洞窟式弾薬庫)

前回の記事の続きです。

北門第二砲台を後にし、次へ向かうが折角だから今回は以前に撮った第二砲台のフランス積み煉瓦の砲側弾薬庫(第一砲座)及び隧道内の洞窟式弾薬庫の写真を載せることにする。
入口
入口付近
通路
煉瓦空間
天井
振り返る。
入口通路側
天井
アーチ。継ぎ目すごいな
アーチ
二室の砲側庫。
砲側庫
二室
入口側
二室
配電盤?
電灯
ゲジがいる。少ないほうだ。
ゲジがいる
砲側庫。
弾薬庫内
穴
通気筒
覗く
これは?
?
コンセント
これも継ぎ目がスゴイ!しかも角は丸みを帯びている。スゲーよ職人技だよ。
職人技
角
これまたスゴイ技術。
継ぎ目
砲側弾薬庫最奥部には隧道内への開口部があり、その通路は開口部(現在は閉鎖)に向かって下っているので床が傾斜しているのだが、壁(境目)の煉瓦も傾斜に合わせた形となっている。
境目
境目
壁
壁
通路から砲側庫を振り返る。
通路側から
電灯。割れた電球が残っている。
電灯
この先、隧道内に開口(閉鎖)
閉鎖
隧道側から見るとこんな感じ。
隧道側
隧道。
隧道
洞窟式弾薬庫1
洞窟式弾薬庫1
洞窟式弾薬庫1
内部
内部
内部
洞窟式弾薬庫2
洞窟式弾薬庫2
洞窟式弾薬庫2
配電盤
内部
内部

これらは軍事施設の遺構であるが明治期の造りは美しく仕上がっている。

セントル巻
続く
スポンサーサイト
  1. 2013/06/21(金) 21:42:51|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<4月、観音崎にてPart3 | ホーム | 4月、観音崎にてPart1>>

コメント

西浦の写真を無断拝借しました。
昔の写真はストロボ頼りが多く、写ってない所が多いです。
砲台系レンガ遺構を見慣れると、漆喰が塗られているのが普通で、ここの様に塗られてない剥き出しのレンガが返って奇異に見えてしまう
  1. 2013/06/23(日) 22:16:06 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>yakumoさん
画像は使っていただいて全然OKですよ^^
たしかにこの弾薬庫は小部屋二つ以外は漆喰が塗られていませんね。必要箇所以外は経費節約ですかね?(笑)
今日は船越と比与宇見てきました。
  1. 2013/06/23(日) 23:22:15 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/179-a7774cc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。