ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

密林の西浦砲台左翼観測所

西浦砲台の左翼観測所(大正10年竣工)は砲台とは別の山に存在している。
5月、藪探索ギリギリの時期ついに未見であった観測所を見ることができた。
OKNさんにご案内いただいた。とてもありがたいですね!後に続き軍道跡を進む。
藪へ入る
進んでいると貯水用の桶のような遺構があった。
桶状遺構
藪がどんどん濃くなる。
激藪
また桶状の遺構があった。
桶状遺構2
防標石もあった。防ニ三三。
防ニ三三
さらに竹藪を掻き分けて進むと現れた!
左翼観測所
石積み
竣工から90年が経過しているが良く残っている。
砲台とともに左翼観測所も昭和2年に海軍に移管されている。(横須賀軍港防禦施設)
計算室入口
左翼観測所
小階段。左右から上がれる。
小階段
窓。
窓
計算室内部。
内部1
内部2
内部3
測遠機室。
測遠機室
測遠機室2
測遠機室3
測遠機室俯瞰。
測遠機室俯瞰
円形の測遠機台座。
台座
棚状の構築。他の観測所にも必ずある。
棚状構築
一部、鉄が残る。
鉄
砲台長位置への階段。
階段、砲台長位置へ
砲台長位置。
鋼製掩蓋は失われているが当時は付いていた。掩蓋は当初、経費の関係上据付を見合わせたが、東京湾要塞で不要な掩蓋があり、これを利用したらしい。
砲台長位置1
砲台長位置2
窓のようなもの。下は計算室。
窓状構築
棚状構築と通信室との連絡用と思われる伝声管を通すための穴。
棚状構築と穴
伝声管用と思われる穴を覗く。下は通信室。
覗き
通信室入口。
入口!
入口!!
入口!!!
内部へ。煉瓦っ!漆喰も塗られている。
壁で仕切り左右の部屋がある。
煉瓦壁
部屋 右
木材が残っているが状態が良い。
木材1
木材2
壁下部の損傷箇所。東京湾要塞の砲台でこのような煉瓦の削られたような損傷をよく見かける気がする。
損傷箇所
左の部屋。
部屋 左
伝声管用と思われる穴。上は砲台長位置。
伝声管用と思われる穴
外壁の亀裂。関東大震災によるものか。
亀裂
防標石ニ三一。
防ニ三一
周辺の防標石。
陸
防七五
防七ニ
防七?
防?

こうしてついに見ることができたのであった。ありがとうございました!
スポンサーサイト
  1. 2011/09/03(土) 19:15:04|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<そうだ戦跡、行こう。 | ホーム | 1945/2011>>

コメント

足だけyakumo

あそこは凄い密林でしたね!
中々他の戦跡HP等でも紹介されない訳ですね。
ご案内が無ければ、遭難の危険性も有りますね?
衛星写真とGPSを駆使して探した衣笠砲台を思い出します。

ところで、最近殆んど次回探索の前日辺りに更新される気がするのは、気のせい?
あすよろ
  1. 2011/09/03(土) 21:22:52 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

これまた凄いですね。てかこれを発見できた行動力が凄いです。
こうやって戦争遺跡を見つけた時は喜びもひとしおでしょうね。
  1. 2011/09/03(土) 23:13:53 |
  2. URL |
  3. 東雲みょん #-
  4. [ 編集 ]

Re: 足だけyakumo

>yakumoさん
自力で捜索となると迷ってしまいますね。今の時期に行ったら死にそうですね。
衣笠の激藪もすごかったなぁ。

更新のタイミング、自分でもそんな気がしてました。偶然ですかね?
こちらこそよろしくです。
  1. 2011/09/03(土) 23:21:34 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>東雲みょんさん
発見は感動ものですね!先達に感謝です。
  1. 2011/09/03(土) 23:24:07 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

今日はどこかに行って来たのですか?
まだ暑いので、洞窟系か第1日曜日なので第3海堡の見学でしょうか?
私が気にするのも、おかしな話ですが・・・
  1. 2011/09/04(日) 21:39:07 |
  2. URL |
  3. kan #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>kanさん
今日はyakumoさんと横須賀市内各所の遺構(おもに地上構造物をあちこち)を見て回りました。
米ヶ浜の共済病院の駐輪場のところにあった海軍時代の病舎の建物が壊されてしまってました。
  1. 2011/09/04(日) 22:15:13 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

お疲れ様

本日は埼玉の探索お疲れ様でした。
いやー、あのかまど馬のでかさには、驚きましたね?

東雲みょん様、上記壕に付いて、情報交換希望、「ふぉーとれす」経由でメアド交換出来ませんか?(非公開コメント)にて。
  1. 2011/09/12(月) 00:03:20 |
  2. URL |
  3. yakumo #-
  4. [ 編集 ]

Re: お疲れ様

>yakumoさん
お疲れ様でした!
陸軍第一航空軍司令部壕の壕口付近のカマドウマのデカさには驚きました。さすがにあれは気持ち悪い。

yakumoさんが激藪の中を単独で必死の捜索をしてくれたのですが、司令部壕の向かいの山の壕がわかりませんでした。
  1. 2011/09/12(月) 12:19:14 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

本日、ちょっと西浦砲台の東側の道を見に行った所、入ったようなところがあったので入ってみたところ、5分程度で難なく砲台に着いてしまいました。
そうなると、観測所もみたいものです。
大正時代の地形図を見ると、軍道が子安の方から確認できますが、地図の通りに行けるのか、それとも秋谷へ抜ける道から西へそれて軍道に入るのか。
仲地梨橋があるあたりから山中に入り東に行くのか、子安の奥の石仏のある秋谷への抜け道から軍道に向かって西進するのか。
よろしくご教示お願いします。

  1. 2013/03/11(月) 23:52:57 |
  2. URL |
  3. 突貫小僧 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

>突貫小僧さん
周辺の地理に詳しくないので詳細を伝えることができないのですが、参考までに、「立石不動尊入口」とある石碑のところの道を入り、左手の山に入りかなり登りました。2年ほど前にご案内いただいて訪れましたので現状どうなっているか分かりませんが、なにしろ密林で激藪ですので自力での捜索となると難しいかもしれません。
  1. 2013/03/12(火) 00:22:30 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

秋谷側からの探索ですか。
案内人なしではまず無理ですね。
どうもありがとうございました。
  1. 2013/03/12(火) 01:21:46 |
  2. URL |
  3. 突貫小僧 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/118-7c6418b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。