ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

衣笠高角砲台Part2

続きです。

煉瓦を含む壁の構造物のとなりにある地下式?遺構。
地下式?
壁が続く。
地下式遺構の壁
コンクリートの基礎。
基礎
角の仕上げ。
仕事が丁寧だなぁ
この壁の形状というか角度・・見覚えがある。
これは擂鉢状の砲座の側壁だ!武山高角砲台の砲座が擂鉢状であったのだ。猿島のは垂直だった。(12.7センチ連装高角砲座)
側壁
これは兵員待機所か?
兵員待機所?
側壁にある砲側庫のひとつ、だが開口部がほとんど埋没している。
砲側庫開口部埋没
隙間からカメラを入れて撮影。内部は状態が良い。
内部
側壁。
側壁
これも砲側庫。
砲側庫
えーっと・・なんだっけこれ・・そうだ砲座の真ん中にある砲を据え付けた穴部分だ。・・と思う。写真だとわかりづらい・・
穴部分
その他砲側庫。
砲側庫。
砲側庫
砲側庫っ
砲座中心部の砲を据え付けた円形の穴。ターレットである。
ターレット

・・次回に続きます。

スポンサーサイト
  1. 2011/02/18(金) 02:21:01|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<衣笠高角砲台Part3 | ホーム | 衣笠高角砲台Part1>>

コメント

海軍の高角砲台だったのですね。本土のどっかに手つかずの高角砲の一門でも残ってないものですかね・・・
  1. 2011/02/20(日) 19:16:27 |
  2. URL |
  3. みょん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

砲が据え付けられている状態はホント見てみたいものですね。
硫黄島や父島の戦跡のように砲が残っているところが本土で見つかれば大発見ですね。
  1. 2011/02/21(月) 00:17:21 |
  2. URL |
  3. 榴弾砲 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://senseki739.blog118.fc2.com/tb.php/100-a2122e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。