ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

悲惨 ガントリークレーンの最期【横須賀市船越】

ついにこの時が来てしまった・・
これまで残ってきたのにこうして遺産と風景が失われた。
解体現場俯瞰
無惨
先日、現場に到着すると偶々先に来ていたyakumoさんに出会い一緒にこの光景を見てまわった。
無惨
ぶった切り。
切断
対岸の丘の上の残骸の山は解体された大量の鉄骨の一時置場なのだろうか。
残骸
船舶会社が使用している海側の2棟(C・D棟)は残るが、水色の扉の2棟は年内に解体するらしい。
解体待ち
隙間から内部を覗く。まだまだそのまま使用できると思うが・・
内部
木箱がたくさん置いてある。
木箱
退役潜水艦は相変わらずそこにいた。
退役したが再びの出番を待つ潜水艦と消え去る退役軍人ガントリークレーン。
退役潜水艦
一ヶ月前の姿、解体始まると早いよなー
一か月前
さらばガントリークレーン。
さらば
スポンサーサイト
  1. 2013/07/25(木) 03:10:11|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

1945.07.18 横須賀空襲

68年前の今日、1945(昭和20)年7月18日は米軍による横須賀最大規模の空襲が行われた日である。
横須賀には空襲はなかったとか、占領後に米軍が工廠などの施設を使うために空襲による大規模な破壊を行わなかったといわれることがあり(後者は戦時中から噂はあった)一般にあまり知られていないだろう。実際は昭和17年のドゥーリットル空襲を初めとして組織的な空襲も受けている。主として軍港・工廠及び周辺を目標とした攻撃であったが民間にも被害が出ている。
ここでは昭和20年7月18日の横須賀最大規模の空襲について取り上げることとする。
炎上する海軍工廠
(写真:『占領下の横須賀 連合国軍の上陸とその時代』横須賀市より)

(本記事は資料整理し後に続きを書きます。)
  1. 2013/07/18(木) 23:48:49|
  2. 横須賀空襲
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。