ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

4月、観音崎にてPart3

前回の記事の続きです。

次へ向かう。浦賀水道を望む。
景色
古~い石段。
石段
切通し。
切通し
観音埼灯台近くの崖?の上に防御造営物標石と観音埼燈臺所轄地の標石が隣接して設置されている。
ここが軍用地と燈台所轄地の境界を示しているのだろう。
隣接
燈台所轄地。
燈台所轄地
防ニ〇五ノ一
防ニ〇五ノ一

陸
観音埼燈台所轄地の標石。
観音埼燈台所轄地
観音埼燈台所轄地
観音埼燈台所轄地
観音埼灯台。ここから見ると震災で倒壊したヴェルニー設計の初代灯台みたいに見える。
初代燈台みたいに見える?
説明板
三代目
現在の灯台は三代目で二代目も震災で倒壊してしまった。二代目灯台の落下した残骸の一部は岩場に残っている。
残骸
残骸
二代目灯台残骸の近くに横須賀製鉄所製の煉瓦も散在していた。5年前に判読は難しいが刻印があるものを見つけた。刻印の上段は「カスコヨ」下段には「所銕製」と刻まれているようだ。5年前くらいまでは煉瓦の塊が散見したが最近では見かけなくなった。同じ煉瓦の状態の良いものは横須賀市自然・人文博物館に展示されている。
横須賀製鉄所製煉瓦

観音崎(北門)第一砲台へ。ここは第二砲台とあわせて日本初の洋式砲台である。明治17(1884)年竣工。
観音崎第一砲台
砲座間の連絡通路。側面の揚弾孔(鶴頸揚弾機)は塞がれている。壁には漆喰が残っている。
連絡路
連絡路
連絡路
公園化し道が舗装された底上げ状態となってしまった為、弾薬庫・階段などが埋没した。
埋没した弾薬庫。アーチが確認できる。
アーチ
隙間からカメラを突っ込んで内部撮影。
通路の両側に部屋がある。銃眼のような窓もある。
内部
砲座。
砲座
砲座
掩蔽部(弾薬庫)上の通気孔。
通気孔
観測所。円形の台座は無い。
観測所
観測所から先へ進んで行くと妙にひらけていて、誘い出されるように藪の中に進んでしまう。
しばらくすると景色が広がった。水中聴音所が見える。
景色
水中聴音所を俯瞰す。
水中聴音所
聴音所背後の広場(観音崎警備所敷地)には構造物がある。なぜが扉が破損している。下には地下構造物がある。
発電所などの施設の遺構が残っているらしい。
昔は元旦の初日の出の際には広場を開放していたらしいが最近では行われていない。
構造物
1988年のなだしお事件の慰霊碑がある。なぜか慰霊碑の上部にバラ線が巻かれている。
慰霊碑
縦坑の蓋がある。
蓋
このような地下掩蔽部もある。(写真は以前フェンス越しに撮影)
第四砲台の施設の一つだろう。
地下掩蔽部
藪を掻き分けてさらに進む(登る)と、塹壕状の人工的な掘り込みが現れた。
掘り込み
さらにもう一箇所。煉瓦も散在。
塹壕か
煉瓦。刻印を探してみたが見られなかった。
煉瓦
煉瓦
煉瓦
石と煉瓦の構造物がある。
構造物
何かを取り付けるための凹み。
凹
何やら塊が。
塊
八角形の台座である。上面には丸が刻まれている。
これは観測所跡か?
台座
台座
先に進むとフェンス登場!観音崎警備所(第四砲台跡)だ。
現在地は警備所敷地外、第四砲台の左翼側のようだ。先程の台座などの遺構は左翼観測所(または補助観測所)かもしれない。
フェンス
フェンス越しに残存している砲座の一部が見える。
砲座
砲座
砲座
砲座
もう少し周囲を見てみたいが、引き返し下山する。
ビジターセンターにある観音崎公園の航空写真。
航空写真
第四砲台と前面の広場。
砲座が確認できる。広場には軍道?がある。
第四砲台
旧第三砲台。現在は観音崎警備所(水上見張所)敷地。礼砲台が設置されている。
中心部の馬蹄形のものは砲座と思われる。三門の礼砲も写っている。
旧第三砲台

今回も探索により遺構を見つけることができた。
以上 完。
スポンサーサイト
  1. 2013/06/25(火) 02:36:01|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

4月、観音崎にてPart2(砲側弾薬庫・洞窟式弾薬庫)

前回の記事の続きです。

北門第二砲台を後にし、次へ向かうが折角だから今回は以前に撮った第二砲台のフランス積み煉瓦の砲側弾薬庫(第一砲座)及び隧道内の洞窟式弾薬庫の写真を載せることにする。
入口
入口付近
通路
煉瓦空間
天井
振り返る。
入口通路側
天井
アーチ。継ぎ目すごいな
アーチ
二室の砲側庫。
砲側庫
二室
入口側
二室
配電盤?
電灯
ゲジがいる。少ないほうだ。
ゲジがいる
砲側庫。
弾薬庫内
穴
通気筒
覗く
これは?
?
コンセント
これも継ぎ目がスゴイ!しかも角は丸みを帯びている。スゲーよ職人技だよ。
職人技
角
これまたスゴイ技術。
継ぎ目
砲側弾薬庫最奥部には隧道内への開口部があり、その通路は開口部(現在は閉鎖)に向かって下っているので床が傾斜しているのだが、壁(境目)の煉瓦も傾斜に合わせた形となっている。
境目
境目
壁
壁
通路から砲側庫を振り返る。
通路側から
電灯。割れた電球が残っている。
電灯
この先、隧道内に開口(閉鎖)
閉鎖
隧道側から見るとこんな感じ。
隧道側
隧道。
隧道
洞窟式弾薬庫1
洞窟式弾薬庫1
洞窟式弾薬庫1
内部
内部
内部
洞窟式弾薬庫2
洞窟式弾薬庫2
洞窟式弾薬庫2
配電盤
内部
内部

これらは軍事施設の遺構であるが明治期の造りは美しく仕上がっている。

セントル巻
続く
  1. 2013/06/21(金) 21:42:51|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

4月、観音崎にてPart1

4月初旬、観音崎に行った。ここには数えきれないくらい何度も来ているが、たまに藪の中に入って探索をすると新たな発見があることもある。だからまた来たくなるのかもしれない。
観音崎の砲台群は有名である為ここでは詳細は述べないが、公園化により失われたり埋没した遺構、自衛隊敷地内のため探索できない場所がある。

波止場跡。軌道敷の跡が残る。大潮の時などは2枚目の写真のところまで歩いて行くことができる。また、海水浴のシーズンは飛び込み台になっていたりする。
波止場跡
波止場跡
第一海堡遠望。
第一海堡
詳細は不明だが40年くらい前までこの辺りに観音崎ユースホステルがあったらしい。
YH跡
公園内にある(三軒家砲台の門柱の近くにあると思う多分)「観音崎砲台について」の説明板。
これに「北門隠顕砲台」というものが波止場跡の近くに示されている。(隠顕砲については省略)
看板
北門隠顕砲台
この「北門隠顕砲台」については遺構も残っておらず、これまで謎だったのだが先日、横須賀市内のある古書店の店頭に並べられている本のなかに観音崎について書かれている古めの本(自然関係だったかタイトルは忘れた)があり手に取って何気なくパラパラと読んでいたら、先述した観音崎YHが存在していたことが書かれておりこれを建てる際に隠顕砲台が埋没したと書かれていた。なるほど。それは初めて知った。(情報の真偽はともかく)
明治22年に観音崎砲台に於て隠顕砲架(27K?)の射撃試験が施行された記録はある。ここには「砲台」というよりは試験施設があったのかもしれない。
観音崎YH跡はなだらかな丘というか斜面になっている。現在この広場はBBQが行われたりするスペースになっている。広場の上の道を登って行くと東京湾海上交通センター(第二砲台跡)に至る。この道入ってすぐの右上の藪の中に水槽状のものがあるが戦後のものだろう。
水槽?

ということで道を登って観音崎(北門)第二砲台へ。
砲側弾薬庫。閉塞されているが壁に穴あり。
砲側弾薬庫
内部の状態は良好である。通路と部屋が見える。(なんかここ来る度に内部の写真を撮っている・・もはや毎回の儀式と化した笑)これがどの砲座の砲側弾薬庫なのかすぐにわかったあなたは重症です(笑)
内部
これは扉付き。
扉付き
第一砲座の即用弾置場。
即用弾置場
文字が残る。貴重。
一ノ一
一ノニ
第一砲座とトンネルを見る。
階段上から
観測所への交通路。
交通路
切通しを抜けると見えてくる。
切通しを抜けると
観測所(付属室)である。まさに「遺跡」という感がする。中学生の頃初めてこれを見たとき感動したのを覚えている。友人と探索して辿りついた。そのときは切通しまで激藪でそれを掻き分けて進んだ。だからより感動的だったのかも。今では定期的に草刈されているのか藪漕ぎせずに行かれるようになった。ショートカットして至るルートもあるがそれを使わなくても行かれる。
観測所
切通しを振り返る。カーブがすごい。
振り返る
日が差してきて木漏れ日となる。良い雰囲気だ。
日差し
いい眺めだ。
掩蔽部と
露天。
露天
内部より見る。
内部より見る
穴。伝声管用か。
穴
穴2
窓。
窓
石積みと煉瓦積み。
石と煉瓦
階段。手摺が残っている。貴重。
階段

階段上から見る。
上から
手摺。
手摺
観測所。ここにも鋼製掩蓋があった。
西浦砲台の左翼観測所砲台長位置には当初、経費の関係上鋼製掩蓋の据付は見合わせられたが東京湾要塞で不要となった鋼製掩蓋が利用された。こうした廃止除籍砲台のものを再利用したのだろう。
観測所
全景
台座
窪み
窪み
俯瞰

参考:現存する掩蓋 由良要塞 友ヶ島第一砲台右翼観測所(写真提供:yakumoさん)
DSC09264.jpg
DSC09263.jpg
DSC09258.jpg
第一砲座砲側弾薬庫上の通気筒。三角帽子状の屋根が残る。貴重。
屋根
三角帽子
覗く
弾薬庫内から通気筒内を覗くとこんな感じ。
弾薬庫内
穴
通気筒
覗く
もう一つある。
これは?
?
通気筒のすぐ先は第一砲座だった。砲座の上を直接上がった方がにここまで楽に到達できる。
砲座

続く
  1. 2013/06/15(土) 19:09:04|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。