ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

砲台ツアー 小原台演習砲台Part2

前回の続きです。

小原台演習砲台は1893(明治26)年10月着工、1895(明治28)年10月竣工。馬堀にある陸軍重砲兵学校の海岸演習用砲台。明治期のコンクリート造砲台。
小原台演習砲台現地説明板。見学会のためにちゃんとこのようなものも用意されていた。
現地説明版
コンクリート製砲座。計4基ある。演習砲台のため防護壁の高さは観音崎等の砲台とくらべ低く、砲弾置き場も3つと少ない。
砲座に生えた樹が時の経過を感じる。
砲座
砲弾置き場
砲座の側壁。
側壁
小隊長位置。
小隊長位置
隣の砲座は藪に埋もれている。
藪に埋もれている砲座
砲座間に小隊長位置を確認。
小隊長位置
先に進む。
この先には何があるのか
現れたのは左翼観測所。
左翼観測所
入口部分に損傷、欠落がある。
入口部
①
②
③
天井の穴。上部指揮所からの伝声管用か。
天井の穴
上部指揮所への階段。
階段
上がってきた階段。
上がってきた階段
金具。
金具
上部指揮所。
上部指揮所
伝声管の穴か。
伝声管用か
観測窓。
観測窓
算定所(八八式海岸射撃具観測所)
算定所
見学中
正面
左に指揮所がある。
指揮所か
内部より入口を見る。
内部より
内部。
内部
天井に穴がある。潜望鏡のようなものを通すためか。
天井に穴
地下構造部分。台座がある。花立新砲台の観測所の構造と似ている。八八式海岸射撃具を使用する共通の特徴か。
地下構造部分

以上が小原台演習砲台の遺構です。
小原台堡塁遺構に続く。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/18(金) 21:57:20|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

砲台見学ツアー 小原台演習砲台Part1

競技場
観閲式
空でハートを描く
ブルーインパルス編隊
眩しい
行進
儀仗隊
真白き薔薇
見よ落下傘
舞い降る
抜刀隊(陸軍分列行進曲)と軍艦行進曲での観閲行進はカッコよかった・・
ブルーインパルスの飛行はもうちょっと見たかった・・
M1ガーランド!いいねぇ・・
落下傘降下の技術はすごいなあ・・

先日行われた防衛大学校第59回開校記念祭に行ってきました。
土曜日の午後、「軍事史研究部」の展示を見に行くと、砲台見学ツアーがあることを知る。小原台堡塁・演習砲台の遺構を見ることができるらしい。この日の分は終了しているが翌日も行われる。これは参加せねば!
「軍事史研究部」は要塞、防大敷地内に残る砲台や周辺に残る砲台等について詳しく研究されており、貴重な資料も展示されていて興味深いものだった。
展示
展示2
展示 煉瓦刻印1
展示 煉瓦刻印2
砲台探訪
ご案内
というわけで、日曜日午後の砲台見学ツアーに参加。想像以上に多くの人が集まっていた。
砲台のある場所まで行列が移動。演習砲台の遺構はとても見たかったので楽しみである。

敷地の端に着いた。まず右翼観測所遺構が見えてくる。おおっ
見えてきたぞ
説明を聞く。
現地説明
右翼観測所。かっこいい~!
見学会のために周囲を草刈したようだ。ありがとうございます!遺構がよく見える。
右翼観測所
右翼観測所背面部
階段。
階段
これは銃眼か!
銃眼
眺める。
右斜後方より
階段上より
入口。
入口
内部より。
内部より
上への階段があるが、右側は埋められている。
階段があるよ
階段。
階段
階段。埋めれている。
下り用?
銃眼内側。
内側
銃眼からの視界。
視界
測遠機室入口。
測遠機室入口
測遠機室内部。台座すごい・・。特徴的である。感動の光景だ。
観測窓と台座
観測窓。鉄枠が残る。
観測窓
台座。何かの儀式の場みたい(笑)
台座たち
中心の台座下部支柱。
下部
下から
何かを取り付けていた痕跡。
痕跡
右翼観測所前面。まさにトーチカの様だ。
右翼観測所前面
観測窓近接。
近接1
近接2
写真ではわかりづらいが海が見える。草刈されたおかげで視界が少し復活。往時はもっとよく見えたのだろう。
向こうは海

続く。
  1. 2011/11/16(水) 22:15:53|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

小原台

右翼観測所内
時を越え

詳細は近日!
  1. 2011/11/14(月) 23:06:33|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。