ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

高井ヶ谷砲台Part2

前回の続きです。

通路。ほんとに丁寧に掘削されてる。
通路
砲側弾薬庫①。床面はコンクリートで舗装されている。奥が高くなっており傾斜がついている。弾薬を転がすためらしい。
弾薬庫
天井の金具。
金具
蝙蝠。
蝙蝠氏冬眠なう
砲側弾薬庫②。部屋の両側の壁面に掘り込みがある。こちらも傾斜がついている。
弾薬庫②
部屋の奥より写す。
奥より
何かを取り付けるための穴。
穴
もう一箇所の開口部。(写真:yakumoさん撮影)
開口部
外に出るとすっかり日が暮れていた。この日の探索はこれで終了。
日暮れ


スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) 21:20:59|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

高井ヶ谷砲台Part1

南房総市(旧三芳村)にやってきた。28糎榴弾砲を設置し、本土決戦に備えて造られた砲台(高井ヶ谷砲台というらしい)を見に行く。
砲台への軍道跡を歩く。
軍道跡を行く
砲台に到着。探索開始!
到着
28糎榴弾砲の砲床跡を見る。
砲床跡
砲側庫入口。これはすごそうだ。入口からすでに丁寧に掘削されていることがわかる。
砲側庫
通路より開口部を見る。
入口
通路。おお~!とテンションが上がる。とてもきれいだ。
通路
地層の模様も美しい。
通路
!!これは・・・
この先には
スゲーーー!!部屋の両側がベンチ状になっている。兵員の部屋であろうか。
兵員待機室
椅子の残骸があるが戦後のものだろう。
椅子残骸
部屋の奥。あちこちに釘が残っている。
奥
奥より通路側を見る。
部屋
丁寧に造られている。
ベンチカット

次回に続く。
  1. 2010/12/30(木) 01:29:43|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

Trench@県立館山運動公園

野鳥の森を後にし県立館山運動公園に来た。ここの高地には塹壕群(散兵壕ともいう)があるらしい。
早速、散策路を登っていく。
散策路を利用する人はほとんどいないらしく路は木の枝や落葉で埋め尽くされ、人が歩いた形跡が見られない。
散策路案内図
登ろう
だいぶ埋もれているが塹壕登場。あるねぇ。斜面も探索したがこれといって見つからなかった。
塹壕
塹壕(2)
T字路部分。このあたりは良く残っている。写真:yakumoさん撮影。
T字路部分
塹壕を進んでいく。
TRENCH
塹壕は続く。
続く塹壕
ジグザグに構築されていることが分かる。
ジグザグ
塹壕の終点?に着くと、壕らしきものがあった。塹壕は辿っていくと壕に着くことが多いらしい。
開口部
かなり埋もれており狭いが入ってみる。ズルズルと下っていくと・・
なんとすぐ反対側に開口し抜けているだけであった。交通用か。
下ってきたところ かなり埋もれ
反対側の開口部

このような内陸に構築された塹壕を見るのは初めてである。
本土決戦に於いてここまで米軍が攻め込んで来たらもはや最期だろう。

塹壕探索を終え次の目的地へ。
  1. 2010/12/16(木) 23:58:16|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

館山布良陣地@野鳥の森Part2

前回の続きです。
タコツボを発見。水が溜まっている。
タコツボ
埋もれた穴があったがいずれも水が溜まっていた。
埋もれた穴
埋もれた穴2
周囲を探索しかなり埋もれた狭い壕口を発見。yakumoさんが突入。榴弾砲も後に続く。
いざ入壕
通路。分岐あり。
通路
右に曲がると、掘削途中の箇所だった。
掘削途中
なんか天井部分に黒い塊が・・
これは・・
びっしりと天井に張り付いている彼らはこの壕の現在の住人である。
gezi
掘削途中の箇所。銃眼を設ける予定だったのか。
掘削途中
通路に戻る。左側に分岐あり。
通路
蝙蝠は冬眠中。
蝙蝠
左へ曲がると、開口部であった。
開口部
外から開口部を見る。
壕口
これもタコツボか?
タコツボ?
探索を終え下山。休憩。これはなかなかよかった。
房総サイダーびわ風味

この後次の目的地へと向かう。


  1. 2010/12/14(火) 23:09:31|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

館山布良陣地@野鳥の森Part1

千葉県館山市にやってきた。yakumoさん、OKNさん、きへいたいさん、そして榴弾砲が参加。自分は久しぶりの千葉である。
館山野鳥の森(館山市大神宮553)に来た。ここには本土決戦に備えて造られた壕やタコツボなどが残っており、それらは布良(めら)陣地というらしい。
野鳥の森駐車場
大きなネットで覆われた禽舎内に入っていくと孔雀がいた。
孔雀たち
すると早速、壕が現れた。
防空壕か
壕内部の奥は通路が続いているようだが途中で塞がれているようだ。その先がどうなっているか気になるが入れない。
壕内
散策路を登っていくと富士見展望台というところに着いた。ホントだ富士山見える!
富士見展望台からの景色
散策路右手に細長い穴を発見。この形状は銃眼か。
銃眼発見
銃眼近接
銃眼から少し上に行くと開口部があった。
開口部
内部に入り右に曲がると、階段を発見。
階段
階段を下りて下から階段を見る。
下から見る
階段を下りると正面には先ほど外から見た銃眼があった。
今度は部屋の内側から銃眼を見る。
銃眼、内側より
銃眼、内側より2
部屋からまだ通路が続いている。
まだ続く
外からの光が見える。正面と天井部に開口している。
開口部
これは待機用の空間だろうか。
待機用
外に出て周囲を探索。天井部に開口していたのはこれだ。
縦穴
縦穴2
きへいたいさんが縦穴より突入。そして上からのINに成功!
入壕

次回に続きます。

  1. 2010/12/12(日) 00:46:57|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海軍水道路

半原系統の軍港水道の水道路です。
逗子の水道路に残る海軍の標石です。(歩いたついでにケータイのカメラで撮影したほんの一部を紹介)
水道路
二重の波マークに海の文字がある標石です。埋まったりしていますが道の端や個人宅の駐車場などにまだ残っています。
標石①
「海」が確認できる。
②
ここにも。
③
④
古いポストだが現役で活躍。
ポスト
ほとんど埋もれており見落としてしまいそうだ。もっと埋まっているものもあるが・・
⑥
⑦
道路の真ん中にある止水栓蓋。
止水栓蓋
蓋

以前バンデラさんと逸見から鎌倉まで水道路ウォークをしたのを思い出す。


  1. 2010/12/02(木) 21:30:07|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。