fc2ブログ

ふぉーとれす

戦跡探索や日々の出来事などを紹介します。

逗子 桜山

もうかなり散ってしまって葉桜になっているものもありましたが、坂が桜のトンネルできれいでした。
桜山入口
桜のトンネル
これは新逗子駅近くの田越川のあたりで撮った一枚。
sakura

桜の季節・・・

  1. 2010/04/08(木) 17:01:05|
  2. 景色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

浦賀狙撃用洞窟陣地

西浦賀の地下工場に併設されている陣地。今年2月に探索した。
個人宅の横の地下工場の入口は無事であった。
地下工場壕口
洞窟陣地の入口。風化が進んでおり崩落も激しい。地質も脆い。探索は自己責任で行っている。
洞窟陣地入口
内部もあちこち崩落している。
内部
設計ミスによる崩落だろうか。天井に穴が開いている。上は2階部分である。
穴が
通路は半分以上埋まっている。戦後の埋め戻しによるものだろうか。
奥に進むほど高さは低くなり、天井近くまで埋まっている。、匍匐でないと進めなくなる。
通路
通路 分岐部分
狙撃室への階段。
階段
狙撃室内部。
狙撃室内部
銃眼の開口部は土砂が入り埋まっている。
銃眼部分
2階部分から穴を見る。下の通路が見えている。
上から穴を見る
狙撃室内部。
狙撃室内部
銃眼外観。狭間状になっている。
銃眼外観
通路を進み別の狙撃室へ。
通路
外部と通じる壕口が見えた。
壕口
狙撃室内部。
狙撃室内部
銃眼外観。
銃眼外観
外に出る。
壕口
外部から地下工場に直接接続している壕口があった。
壕口
地下工場内部。
地下工場内部

無事探索を終えることができた。
案内していただいたyakumoさん、OKNさんありがとうございました。















  1. 2010/04/06(火) 23:59:05|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

比与宇地下壕付属監視壕

比与宇地下壕のある山の山腹にトーチカ状の監視壕がある。
下から見ると赤く丸をしたところにある。草木の生い茂る状態によっては全く見えない。
赤丸部分
藪をかき分けて進むと監視壕に到着。入口は塞がれているため残念ながら内部には入れない。
監視壕

やっと辿り着いたのに内部に入れなくて残念だったのを思い出します。
以来ここには行っていない。また行きたいものだ。
  1. 2010/04/05(月) 22:13:34|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

走水水源地

今日の夕方走水水源地に桜を見に行きました。開放は明日までみたいです。
水源地の説明板。
説明板
煉瓦造貯水池。
煉瓦造貯水池
横須賀水道発祥の地。
横須賀水道発祥の地
置いてあったパンフ。
パンフレット
東京湾要塞地帯標。
東京湾要塞地帯標
桜。
SAKURA
sakura
帰りに撮った写真。
落日
  1. 2010/04/03(土) 19:59:42|
  2. お出かけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

川間ドック

西浦賀のシティマリーナヴェラシスの敷地に川間ドックはある。
説明板。
説明板
ゲートが無くなってしまったため海水が入っている。
ゲートなし
海水たっぷり
煉瓦造であることが分かる。
煉瓦
階段。
階段
さらに下の階段は水没している。
水没

このままの状態で放置しておくのはもったいないような・・
  1. 2010/04/02(金) 18:46:10|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

龍のレリーフ

千葉県館山市にある「128高地 戦闘指揮所・作戦室」には地下壕には珍しいものがある。
額や龍のレリーフだ。
「戦闘指揮所」の額。『昭和十九年十二月竣工 中島分隊』とある。
「戦闘指揮所」の額
「作戦室」の額。こちらにも『昭和十九年十二月竣工 中島分隊』とある。
「作戦室」の額
そしてこれが龍のレリーフ。よく彫ったもんだ・・すごい・・戦意高揚のために彫ったのだろうか・・?
龍のレリーフ

千葉県の遺構のレベルは高い・・
保存状態が良好なものも多い。
  1. 2010/04/01(木) 18:43:46|
  2. 戦跡
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
前のページ

プロフィール

榴弾砲

Author:榴弾砲
中学生の頃に戦跡に興味を抱くようになり、おもに三浦半島の戦跡探索を開始して現在に至る。
*****************************
■当ブログ掲載情報(戦争遺跡及びその他遺跡・遺構等)は現状と異なる場合があります。また、掲載情報の現場での探索・調査時の事件・事故等について当方は一切の責任を負いかねます。
■遺跡・遺構には危険箇所や進入禁止の場所がありますので十分注意し安全第一、自己責任において行動をお願いします。
*****************************

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

戦跡 (141)
景色 (23)
お出かけ (17)
お知らせ (3)
未分類 (1)
探険 (2)
お出かけ+戦跡 (4)
横須賀空襲 (1)
雑記 (1)

FC2カウンター

2010年6月13日から

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR